元々は北米出身|害獣被害を一刻も早く抑える|害獣駆除業者にSOS

害獣被害を一刻も早く抑える|害獣駆除業者にSOS

元々は北米出身

頭を抱える男性

日本には様々な動物が生息しています。元々日本に生息していた動物もいますが中には海外から来た外来種と呼ばれる動物達もいます。こういった外来種は元々いた日本の動物達や生態系に大きな変化を与えるため、時に駆除される事があるのです。また、こういった害獣と呼ばれる動物達は、文字通り穏やかな人間の生活を脅かし、害をもたらします。こういった害獣も駆除の対象になります。日本にいる害獣の中で、アライグマがいます。元々アライグマは日本にはいなく、北米地方に生息していました。しかし、日本でアライグマが主人公のテレビドラマが放送されてから、ペットブームが発生し日本に連れて来られたのです。子どもの時はおとなしいアライグマですが、大人になるに連れどんどんと気性が荒くなってきます。そのため、大人になったアライグマを野生に放つ人が増えてしまったのです。これが近年アライグマが全国的に増えている理由だといいます。アライグマは農作物を食べ散らかします。特に果物やスイカなどの甘い果物の被害が報告されているようで、農家の皆様も頭を抱えています。また、家畜を扱う畜産の方にもアライグマは憎き天敵だと言えそうです。家畜が食べる餌をアライグマが食べてしまうのです。また糞を小屋にしていくため、衛生的に悪い問題が数多く発生しています。こういった理由からアライグマは駆除の対象となっています。もしアライグマを発見した場合は害獣駆除の専門家に依頼したほうが良いと思われます。自身もケガをする恐れがあるからです。